Mission

医療の未来を自分たちの手で

医療は、医師をはじめとした医療者だけが行うものではありません。
適切なタイミングで適切な医療機関にかかり、診断してもらい、服薬などの指示に従う必要があります。それも、ただ指示に従うのではなく、その後も何か不調を来した等、状況変化に応じて、臨機応変な対応が必要になることも。それは患者本人だけでなく、家族や周りの人にも求められます。
医療費の増大や、介護・福祉の費用負担が問題になっており、この先、日本において、現状の医療が提供され続けるかどうか、不透明な時代に突入しました。そういった中で、患者・市民は、受動的な姿勢で良いのでしょうか。
医療者の負担を軽減するような努力、健康を維持する努力を、市民が行うべきなのではないかと考えています。これらの努力はまた社会的に容易でなければ、誰も取り組んでくれないと考えています。このような市民の努力を支援する、仕組みを作るというのが、mediturの設立背景であり、ミッションです。

患者・市民側から、医療の未来を作りましょう!!